カテゴリー「芸能・アイドル」の記事

2010年7月 6日 (火)

【CD】Sala da Bossa

お気に入りのCD、聴きまくってコピーしたCD、自分もその場に居合わせたライブのCD
思い出のCDって人それぞれにいろいろあるものですが自分の場合はコレでしょうか…

Sala da Bossa ユニバーサルUICZ-6002

どこでどうやって入手したのか、すでに記憶は無いのですが
人生を変えたCDと言っても過言ではないわが家の家宝shine
これをキッカケにしてボサ・ノヴァにのめり込み
学業・日々の労働の合間を縫ってライブ通いnote
参加されている歌手の方の中には個人的にお付き合いを
させていただくようになった方もおられます(_ _)

とにもかくにも理屈抜きにリラックスできて楽しめるCDcd
すでに廃盤となってしまったようですがオススメの一枚でありますconfident

1. A letter from.....(TOYONO)
2. さら さら(比屋定篤子)
3. たぶん,だいじょうぶ(犬塚彩子)
4. O Barquinho 小舟(SABIA)
5. tao longe sempre perto(CUVA CUVA)
6. Duas contas(吉田慶子)
7. hidamari ひだまり(BOSSA PIANIKITA)
8. Ai No Ongaku 愛のオンガク(bebe)
9. Eu Canto Uma Cancao Do Amor 愛の歌を歌おう(Noa Noa)
10. 私(柳沢暁子)
11. Tati(BOSSA 51)
12. 月の宝石(比屋定篤子)

13. Canto para Nana(小野リサ)

201005022122000

2010年5月11日 (火)

【CD】ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調

ちびまる妻がのだめちゃん観たいといふことで
近所の映画館に行って来たであります♪
しかも\1200で観られる20:30の上映(次の日仕事なのに…)

やっぱ樹里ちゃんのかわいさはハンパねえっすよhappy01
これでのだめちゃん、ホントに終わりなのかな~…
樹里ちゃん大当たり、魅力全開の役やんすねshine
スウィングガールズも超かわいいし音楽系いい感じheart02

…にしても、のだめちゃんが突然有名になってしまうあの件
クラシック音楽に限らずよくありますよね…
あのままレコード会社やマスコミに利用されて潰されるパターンが多いdown
ポリーニはショパン・コンクール優勝後にさらに10年間研鑽を積んだわけですが
今の時代はそういう志を持つことを許さない…情報の鮮度が高いほどマネーに結び付くyen
自分もそういう世の中で暮らしてるわけだからエラそうなことは言えないけどね…think

たびたび登場するラヴェルのピアノ協奏曲♪
なにかのコンクールの演奏シーンが出てきやしたが
コンクールの本選って全楽章を弾かないものなんですかな!?
短縮版で演奏するっていうのは聞いたことありますが…

CDではやっぱりこのアルゲリッチ/アバドに手が伸びるcd
このピアニストには生でもまったく裏切られたことが無い…
あの凄まじい集中力は一体どこからわき出してくるのだらうかcoldsweats02

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ) クラウディオ・アバド(指揮) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1967年録音 ドイツ・グラモフォン

201005112148001

2010年4月13日 (火)

【セッション】ちっくセッション

新所沢NAVEの名物セッション、ちっくさんこと大渕昭さんの「ちっくセッション」
ギターと飛び道具担いで飛び込んでみたでありますnote

いやはや、一発目にユーミンでやんすよ!!J-POPなんてやったことないのにcoldsweats02
でも、この曲が一番はまったっすね♪ 普段まったくやることのないアルペジオで
バッキングとか、ディストーションかけてロングトーンとか面白かったでやんす(^_^)

得意なはずのジャズが聴けたもんじゃないような出来でドエライ恥もかきましたbearing

久しぶりに渡辺薫嬢中溝ひろみさんにもお会いできてうれしかったでありますo(^-^)o

P4110038 P4110025 P4110029

P4110033 P4110023